視野が狭い人は、実は○○な人だった!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

まえまよーですっ!!

私、野球をやってたんですが

よく、視野が狭い!と言われることが

ありまして、、、その時は周りを見ろ!

って怒られてるって感じだけでした。

でもですよ?

今考えてみたら、、、

人として視野狭い人には

よろしくない特徴があるな。

と思ったのでさっそく暴露していきます^^

そもそも視野が狭いとは。

周りが見えていないということ。

日常で視野が狭くなっていること

っていっぱいあるもんなんです^^

例えば、

・飲み会でグラスが空いているのに気づかない。

・運転中に車間が狭い(気づかず煽ってる)

・声のボリュームがその場に合ってない

・自分の言いたいことばかり喋る

・私は、こう思うからこうなんだ!

と主観的な意見ばかり

・相手の言っていることに納得できない

・偏見で人を判断する

・説教する

・スタッフに悪態をつく

・機嫌がわるい時は相手に機嫌が悪い態度をとってしまう

・公共の場でイヤホン音漏れがすごい

などなどです。

あなたは何か当てはまりましたか?

これらすべてにある共通点があります。

それは!

自己中心的な人です!

(ででーん!!※効果音)

私は、自己中心的ではない!

という人も、

とりあえず落ち着いてください^^

なぜ自己中心的な人なのか

なんでそうなるのか!

先程の↑に書いた内容は

自分の気分がよければそれでいい。

相手の気分なんて関係ない!

私の気分が良くないなら相手に八つ当たりをする。

という気持ちを持っているんです。

飲み会で自分だけ楽しければそれでいい。

というか、他の人なんて気にしたこともない。

運転で車間距離が短く煽りになっている。

あなたも気づかず、

煽り運転になってるかもしれませんし、

煽ってくる人は煽ってる

とは思っていないかもしれません。

自分の好きなことばかり話して

相手が興味あるのかさえ気にしていない。

そりゃあ、なかなかモテませんよね。。。

と、ホントに詳しく書くと

いくらでも出てきます。

こういう自己中心的(自分勝手)な人に

あなたもなってるかも!しれないんです。

ちなみに私は、機嫌が悪いと

相手に空気読め。的な態度をとっていました。

都合良くいかないと、

相手に八つ当たりしてたんです。

いやーお恥ずかしい(笑)

私は、完璧になれ!なんていいません。

少しずつ、相手に心を配る(気配る)。

これを考え、行動すればいいんです。

できそう。。。ではなく〇〇!

それだけなら簡単だと思いますよね?

でもでも、明日になったら

何人が覚えているんでしょうか。

簡単そうで簡単ではない、でも簡単。

とにかく、変わるきっかけは

一歩踏み出すか出さないか。

行動するか、行動しないか。

朝、元気良く挨拶できるか、

ありがとう。って言えるか。

たったそれだけなんです。

できそう。。。ではなく今からやる!

自分を褒めて褒めて褒めまる!

たったそれだけを実践しただけで、

周りから『どうしたの?』

って言われたりするんです。

そう言われたらチャンス♪

純粋に喜んでください!!!

あなたは変われたんですよ?

もっともっと、

行動すればもっと変われます♪

男性でも女性でもカッコいい。素敵だ。

なんて思われるようになりますから♪

どうしたら楽しんでくれるんだろう。

喜んでくれるんだろう。

そう考えてる自分も

ワクワクしていきますよね♪

あなたが環境を創る!

良いことを考えて行動すれば、

周りにも良い流れができるんです♪

小さなことでいいですよ。

にっこり、ありがとう。

あなたの視野はどれだけの人数の

視点で物事を考えられますか?

それがあなたの視野の大きさであり、

あなたの知らない考え方や環境が

世界で無限に広がっています。

毎日同じような人と接し、

同じようなサイクルという狭い世界に

一生いるのって、つまらなくないですか?

もっと、

楽しいことなんて沢山ありますから^^

視野をどんどん広げていきましょう♪

まとめ

・自己中心(自分勝手)だったことを知ろう

・相手の気持ちを知ろう、考えよう

(視野を広げよう)

・少しずつ相手に気遣い、心配りをしていこう

・あなたが良い環境を創っていく

・何か小さいことでもチャレンジできたら

結果はどうと、自分を褒めよう!そこから反省!

おわりに

今回も最後まで

読んでいただきありがとうございます!

あなたが体験した

あんな、こんなエピソードなど

あれば是非聞きたいですね♪

ではでは、

次回もお楽しみに!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする